ニューアルバム「At the shore 〜在岸邊」先行予約受付開始!9月発売予定。

We have started accepting reservations for the new album "At the shore 〜在岸邊"

Masahiro Bessho a.k.a Ramat Tuntek is a singer songwriter.

He play the string instrument "Tonkori" of Sakhalin Ainu and improvisedly loops percussion instruments and voices. Based on the Ainu and Okinawa folk songs interwoven various ethnic music around the world.

"Ainu" is Japanese Aboriginal people who lived Hokkaido JAPAN before B.C. 

Engraving the tradition and spirit of Aboriginal people who lived with the earth in their own deep part, 

The sound world where Ainu, Okinawa and Africa intersect, 

It resonates with the soul beyond every borders and releases it to a new dimension.

The meaning of the name Ramat Tuntek "The sound of soul"

who regain healing and calm to the people, who return the heart to the people.  

In 2016 he released a solo album and was given named Ramat Tuntek from the elder of Ainu. 

Ramat Tuntek a.k.a Masahiro Bessho 2nd Album "Dokuen Live at marumusubi" 31 Oct 2017 released! 

Please enjoy free listening → https://soundcloud.com/masahiro-bessho/sets/live-at-21-oct-2017

NEWS

NEW 7月16日(火)9月発売予定のニューアルバム「At the shore 〜在岸邊」先行予約受付開始しました!

 

7月17日(水)ライブ情報を更新しました。

PROFILE


 

 

  

 別所誠洋 a.k.a Ramat Tuntek

(ラマット・トゥンテク / べっしょまさひろ)

 

トンコリ・うた

  

樺太アイヌの弦楽器トンコリに乗せて 

アイヌや琉球の民謡にありったけの愛を込めて

自由にアレンジして歌っている。

 

天空オーケストラや数々のグループで

パーカッショニストとして活躍。

2016年にソロアルバムを発表しアイヌのフチから

Ramat Tuntek(魂響という意味) という名を授かる。

2017年初夏に強烈なインスピレーションを得て

表現スタイルを一新。シンガー・ソングライター

別所誠洋 a.k.a Ramat Tuntekとして新たな活動を開始する。

2度の台湾ツアーを経て熟成された楽曲を散りばめた

3枚目となるソロアルバムを現在製作中。今秋リリース予定。

 

 

 

詳細Profile

 

 

LIVE


 

 

8月11日〜17日 アイヌモシリ一万年祭 北海道 

DISCOGRAPHY


LISTEN MUSIC



MOVIE